■沖縄旅行の間際予約はココから■

【楽天市場】旅行・出張・ホテル・チケット

■ 沖縄県の宿泊施設一覧 ■


CATEGORIES

じょうとう情報にクリック!

RECENT ENTRIES


■沖縄旅行の費用を貯めるなら!

APPENDIX

naname

うちなーむんお得&便利情報の
[やむやむ堂]へめんそ~れ!

〒お問い合わせは、こちらからどうぞ。  

■沖縄の健康食品や美容アイテムもいっぱい!

 iTunes Store(Japan)
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ

List Me! by BlogPeople

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘉手苅林昌 唄と語り@沖縄映画を観よう!その3

先日ご紹介したTSUTAYAの宅配DVDレンタルサービス、DISCAS。
上記のエントリでは高嶺剛監督の『ウンタマギルー』をご紹介しましたが、
前回DISCASでレンタルした『八月のかりゆし』と一緒に届けられたのは、
またもや高嶺監督の『嘉手苅林昌 唄と語り』でした。

私は沖縄民謡に非常に疎く、
その世界の草分けと誉れ高い嘉手苅林昌さんの名前とお顔は存じ上げていましたが、
彼の歌と三線をちゃんと聴いたのは、このDVDが初めて。
高嶺監督によるドキュメンタリー風ミュージッククリップといった内容でした。

途中、インタビュアーの
「(高嶺監督の描く自由奔放な絵を)どう思いますか?」という質問に、
嘉手苅さんは「…さあ?」と答えます。
…この映画に対する私の感想も、実は「…さあ?」でした。
やっぱり、島唄フリークじゃないと分からない良さなのでしょうか?

ただ、沖縄民謡の神様的存在とは別の一面、
人間くさい部分を覗かせたシーンが、私には興味深かったです。
それと「自分から唄と三線取ったら、何も残らない」
といったような意味のコメントに、うわー、と来ました。
何かを一心に究めている人だけが言える言葉ですね。
 と、こんな感想でごめんなさい。

[ おまけ ]
嘉手苅林昌さん演奏の無料視聴
沖縄大衆歌謡の大家、嘉手苅林昌の追悼公演に、名手・名人が結集
オキナワカルチャーアーカイブ/嘉手苅林昌(かでかるりんしょう)
沖縄の血・地・知・痴、そしてchi――高嶺剛の世界

といったように、店舗に置いていない珍しい作品を観たい方や、
借りに行ったり返却したりの手間を省きたい方には、
ネット予約→自宅受け取り→ポストに投函返却の宅配DVDレンタルがとても便利。
今ならDISCASを無料でお試しするチャンス!
今週から始まるゴールデンウィークに、DVD三昧するご予定の方におすすめです!


Click Here!★30日間完全無料でDVDが借り放題!!★
宅配DVDレンタルサービス
【TSUTAYA DISCAS】

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fc2yumyum.blog2.fc2.com/tb.php/55-f0063980

« 前のページへ  | HOME |  次のページへ »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。